今日の出来事


メディア関連情報


電話リレーサービス(e-ミミ)

■ 株式会社アイセック・ジャパンでは、このたび、日本財団の委託を受け、日本財団が推進している。

「電話リレーサービス」の実証実験(平成26年3月31日まで)を実施することとなりました。

電話リレーサービスとは?
聴覚に障害のある人が公共インフラである電話を利用するための仕組みです。
電話リレーサービスセンターの通訳オペレーターが文字や手話によるメッセージを音声に通訳し、
聴覚に障害のある人と聴者の同時双方向のコミュニケーションを成立させるサービスです。

詳しくは → 電話リレーサービス TOPページへ

電話リレーロゴ
アイセックジャパン石川センター問い合わせ

モバイル型情報保障サービス(e-ミミ)

→ e-ミミ TOPページへ

■ 障がい者手帳を持つ聴覚障がい者は全国に36万人といわれておりますが、高齢化社会の進行に伴い聴覚に障がいを持つ人は、600万人といわれております。
モバイル型情報保障サービス(e-ミミ)は、そういった「聞こえ」に問題のある方々の社会進出を支援するためのサービスです。

弊社は、「社会貢献3.0」として、今までボランティアに頼っていた、パソコン文字通訳を継続的に使えるように事業として取り組んでおります。
聴覚障がい者がもっと活動的に生活できるように、パソコン文字通訳に携わる方々をもっと専門職として処遇できるように活動しております。
貴方の会社のCSR活動をご支援します。


モバイル型情報保障サービス(e-ミミ)

■ 弊社では、障がい者手帳を持つ聴覚障がい者ばかりでなく、高齢化社会の進行に伴い増加している「聞こえ」に問題のある方々の支援として、パソコン要約筆記を実施しております。

「モバイル型遠隔情報保障システム」を活用して、「モバイル型情報保障サービス(e-ミミ)」を提供しております。 その取組みとして、聴覚障がい者の社会進出を支援すべく、「遠隔情報保障センター」の設立および実証実験を実施しております。


講演会・会議、議会、旅行など、今まで情報保障が十分でなかったところへの情報保障を実施いたします。ご興味のある方は、下記連絡先まで ご連絡ください。

■ 連絡先
   株式会社 アイセック・ジャパン
   TEL: 098-972-6888  MAIL: e-33@iscecj.co.jp


沖縄県委託訓練 ITビジネス基礎科(一般) 申込み受付中

■ 株式会社アイセックジャパンではうるま市で過去6年に渡り職業訓練を続けてまいりました。

現在、沖縄県委託訓練「ITビジネス基礎科」を募集中です。
3ヶ月間の訓練機関で「文書処理(Word)」や「表計算処理(Excel)」の基礎から実習まで懇切丁寧な指導は
毎回好評をいただいています。

詳しくはこちら→沖縄県委託訓練 ITビジネス基礎科(一般)
         →ITビジネス基礎科(一般)訓練案内(※PDFファイル)

LINK

プライバシーマーク

Pマーク

平成24年4月13日
プライバシーマークを取得いたしました。

毎週金曜日
見えるラジオを配信!!

はいさい!e-ミミ

facebook

facebook

楽天ショップ 美ら国

関連事業

長野サマライズセンター

筑波技術大学